[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

HGUC量産型ザクの巻

2007/06/04(月) 00:13:03 [機動戦士ガンダム] #

バンダイHGUC量産型ザクのレビュー!成形色仕上げだぞい。でわ、どぞ!

量産型ザク。量産型ハアハア。もう量産型ってゆーこの響きたんねーっすわ。
DSCF5535.jpg

背面もいたってシンプルです。何も足さない何も引かない。
DSCF5536.jpg

ザクといえば第1話のモノアイ点灯と音が強烈にファーストガンヲタには刷り込まれていると思うんですが、なんとなく作ってないです。これはこれで好きなんです。センチネルっぽくて。あと、むかーしむかし子供の頃に見たHOWTOビルドガンダムで見たモノアイの点灯してない作例が忘れられません。
DSCF5563.jpg

多彩な武器を使いこなす量産型ザクですが、ザクマシンガンがやっぱり様になるんすよー。ガガガッガガガガガガッ!!!
DSCF5542.jpg

たーとーえー連邦の白いモビルスーツの塗装すら剥がせなくとも撃ち続けるのがザク道ってもんですぜ!あ、そーか、塗料顔料がガンダリウム合金に練りこまれてるんだね?十八番の多色成形だよね?そーだよね?じゃ、遠慮なくー、ガガガッガガガガガガッ!!!
DSCF5578.jpg

シャア専用ザクとツーショット。っかー絵になる絵になる!切っても切れない組み合わせっ!
DSCF5551.jpg

むむむ、量産型ザクかこE。
DSCF5571.jpg


はい、1/144HGUCザクでした。

成形色仕上げ→デカール貼り→コピックでチョイチョイ汚し→つや消しクリアー塗装なり。実にお手軽な作製方法で完成したのが2005年頃だったかなー。シャア専用ザクのついでに記事ってみました。

しかしまー、誰が作っても間違いなくザク!あのTVで見てたザクが出来上がる!ガンダム以上に最大公約数的な形状が捕らえづらいと言われた鬼門ザクに1/144で出された答えがこれなんですなー。後に更に間接可動範囲が改善された旧ザクも発売されましたが、あのバージョンでまた出しませんかねー。ザクマインレイヤーあたりでどーですかねー、もちろん量産型とのコンパチで。ゲルググキャノンみたいにさー。ってゆーか06Rの黒い三連星!!ジオノの売り方がどーにも気にくわないので1/144プラモの06Rはよー出しんしゃーい!!

ザクって機動戦士ガンダム(ファースト)の中でもその愛され方は尋常じゃないと思うんだ。今までの商品展開の数とかもベラボーマンだしね。実際にどれだけのガンヲタがこのザクとゆーモビルスーツを作り、改造し、塗り、遊びたおしたことか!ジオン脅威のメカニズム!!あの足首の動かない旧1/144を作ってた頃の自分にどーにかして今の祭りっぷりを伝えたいもんじゃいのー。デザイナー自身が”数話限りのヤラレメカ”として書いていたとかゆー話も読んだことがあるんですが、ほんとに脅威的な寿命だよねー。どっかの誰かが「ガンダムはザクに始まりザクに終わる!」とか言ってたっけ。でも全然終わる気配無いんですけど・・・。つい最近1/100MGVer.2.0が発売されましたが、この先各スケールでもVer.UPしてほしーものです。果てしなきザク道は更にこれからも続いていくのです、きっとね。ま、さすがにバンプレのザク⇔マゼラアタック変形TOYはどーかと思うがな。

でわ、明日も良いおもちゃ日和でありますように~。





Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。