[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

装着変身 仮面ライダーカブト の巻(ライダーフォーム編)

2006/07/26(水) 23:32:45 [仮面ライダー] #

マスクドフォーム編に引き続きまして、バンダイ装着変身仮面ライダーカブト(ライダーフォーム編) のご紹介!ど~ぞ~!

「太陽の輝きを知るがいい!CAST OFF!!」
DSCF2880k.jpg

仮面ライダーカブト・ライダーフォーム
身長:195cm 体重:95kg パンチ力:3t キック力:7t ジャンプ力:37m 走力:100m5.8秒 キャストオフ(脱皮)してマスクドアーマーを排除し、カブトホーンが立ち上がった仮面ライダーカブトの第二形態。
DSCF2906k.jpg

瞬発力、格闘戦に優れている。また、「クロックアップ」により、タキオン粒子を身体に駆けめぐらせて、時間流を自在に行動できるようになり、成体となった敵ワームと同等以上に戦うことが出来る。
DSCF2889k.jpg

「おばあちゃんが言っていた。二兎を追う者は二兎とも取れ!クロックアップ!!」
DSCF2907k.jpg

「選ばれし者はオレだ!」
DSCF2910k.jpg

「俺が望みさえすれば運命は絶えず俺に味方する。」
DSCF2900k.jpg

「戦いはへそでするものだ。アバランチスラッシュ!!」
DSCF2893k.jpg

「友情とは友の心が青臭いと書く。1・2・3」
DSCF2895k.jpg

「ライダー・・・キッック!!」
DSCF2896k.jpg

必殺技後の残心がお気に入りターイム♪
DSCF2898k.jpg

相手役をおもちゃ箱で探していたらカブト系の悪そうな奴発見。トランスフォーマービーストのセミとかエビと合体する男前です。名前は・・もちろん忘れました・・・orz。ご存知の方教えてくだされ~。ライダーと並べるとなんか龍騎の契約モンスターみたいですな。配色も黒、赤、銀、青ですし♪
DSCF2904k.jpg

そんでもって、我が家にてひとりカブト祭り開催!「元気ハチュラチュ~!」
DSCF2921k.jpg

いよいよ仮面ライダーカブトもハイパーフォームにパワーアップするそうな。どんなデザインなんでしょか?せっかくなのでマスクドフォームのアーマー着けてそれっぽく~。着せ替え楽しいぃぃ♪
DSCF2902k.jpg


はい、仮面ライダーカブト(ライダーフォーム編)でしたっ!

やぁ~、楽しいッス。リアルタイム放送系玩具って独特のライブ感があってデザインとか製品に多少?の不満があっても全然気にならなくなっちゃうといいますか、「今、手にして遊べる喜び」の大切さを再確認だにゃ~。僕は思い出に浸りながらおもちゃをいぢるのがメインなので、なんか久々のプチ感動です。大好きなファーストガンダムが新商品としてリニューアルされる昨今の現状ももちろん大歓迎ですが、眠い目をこすりつつ早起きしてTVにかじりつく→おもちゃで遊ぶ→録画で再確認→1週間後を楽しみに待つ・・という基本に立ち返ったこのルーチンの心地良さ!うむ、悔い無ぁしぃぃ!

仮面ライダーカブトの燃え燃えポイントBEST3はこれだっ!

燃え①
カブトのアクションがかっこいい!これにつきる。基本ノーガードでどんどん間合いをつめてプレッシャーかけてカウンター狙い!かっけぇぇ!やっぱライダーは武器に頼らずパンチ&キックなんです!まぁ、一部でドンパチやってますがオマケ程度の扱いなのでOK、OK。さすがにマウントとったり関節決めたりとかはないですが打撃系は画面映えもいいし十分かっこよろし。カブト&ガタックのWライダーキックとか演出シビレタ~!

燃え②
主人公天道のキャラがUZAI!だがそれがイイ!俺様系言動大歓迎。「全ての女性は等しく美しい」とかサラサラリと言ってのけるのが天道流。あとおばあちゃんっ子なのがまた良し。空マワリ加賀美を筆頭に周りのキャラも個性的で楽しい。コスプれひより。出て来い矢車。パシれ景山。がんばるな風間。目で殺せ神代。強キャラじいや、そば好き岬さん♪等など。でもあのヘタレ加賀美が設定上最強?のガタックに変身するとはなぁ~。

燃え③
昆虫がモチーフ♪もう昆虫大好きですから。小学生の時、自称昆虫博士でしたから。ライダーのモチーフはカブト、ジガバチ、トンボ(シオカラ?)、サソリ、クワガタの順ですが、サソリだけちょっと仲間外れだよな、ワームだからかなぁ?ハチとトンボはスズメバチとかオニヤンマならもっと強かったのに。でもこの辺のチョイスはわざと弱いの選んでるっぽいですが。劇場版では海外産オオカブト(ヘラクレスとかコーカサス等)が選ばれし虫ですな。まあ昨今のカブト&クワガタブームを考えれば妥当な所かと。昆虫達は個性の塊なのでカマキリ、チョウチョ、ゲンゴロウ、タガメ、カミキリムシ、ハエ、ゴキブリとかでもおもしろかったね。TV本編ではあと二人登場の様ですがいよいよと言いますか、大本命のバッタが選ばれたっ!キタッ!バッタキタッ!仮面ライダーといえばやはりバッタですからねぇ。大活躍の予感です♪

ただ、もちろん不満もあるわけで。萎え萎えポイントBEST3はこれだっ!

萎え①
マスクドフォームの演出が萎え~。CAST OFFの装甲ぶっ飛ばし戦法しか使い道が無いのがイタイ。せっかくパワー戦が期待できるのになぁ。重装甲もいまいち生かされてませんな。ん~、もったいない。あとライダーフォームのCLOCK UPが便利すぎてメリット以外見当たらないのも萎え~。こういった演出には相反するリスクがあった方が燃えるのです。制限時間とか、寿命が縮むとか、何度も使うと体がワーム化してくるとかなんらかのデメリットが欲しかったなぁ。今後の展開に期待です。敵味方共に二段変身が今回の見せ場ですが、大先輩のイナズマン出てこないかなぁ。同じ昆虫系だしね。現代版サナギマン見てみたいなり。

萎え②
ライダーフォームのデザインが・・・萎え~。アクションのかっこよさとかキャラに助けられているなぁ。5人中3人青系で色もけっこうカブってるし。5人のライダーの中ではザビーが一番成功してますな。劇場版ライダーにはまるで魅力を感じられませぬ~。

萎え③
「変身」する=「ライダースーツ」を装着する、という解釈が萎え~。これだと戦隊系とか宇宙刑事系とかと同じ扱いなんだよなぁ。仮面ライダーはやっぱり改造人間であってほしかったー。人間のようで中身は怪物というリスクを背負い込んだヒーローの物悲しさみたいなものが仮面ライダーの燃えポイントのはずだっ!

長々~と書き綴っているわけですが、今回肝心の装着変身について全然書いてませんなぁ。ん、いいおもちゃですよ。中の人の間接可動範囲はシリーズ中最高の出来ですし、間接強度も必要十分。塗装もキレイキレイ。ディスプレイ用にもう一体中の人(簡易版)も付いてますしね。気がきいてます。ただお人形さんは顔が猪木命と古来より申しますが、どうも眼(青い部分)のライン取りがポカ~ンと間抜けな感じなんですよ。原因は眼の周りの黒ラインなんじゃないかと。本編ではもっとりりしく縦に細長いイメージなんですが、鼻筋から眉毛にあたるキリッとしてラインが皆無なんです。こいつは非常にもったいない。しょうがないので、中の人の胴体を少々削りこんで、アゴをグッと引けるようにプチ改造しとります。幾分マシになったかな?あとは、S.I.Cで発売されるかどうかですが、おそらく大丈夫じゃないでしょうか?ただ、問題はそのタイミングですよね。響や剣の様に放映終了後に出されても・・・ねぇ。なんていうか、フィギュアとしては楽しめるのですが、せっかく放映されているのであれば、鉄は熱いうちに打ちたいですよね。送り手も受け手も同じ高テンションの時に。造形の出来とかよりも、そっちの方がすごい心配。がんばれ原型師!CLOCK UP!!

さ、今回はこんな感じで~。明日も良いおもちゃ日和であります様に~。でわ。




   

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。