[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

HGUC ギャン の巻

2006/05/27(土) 01:01:45 [機動戦士ガンダム] #

バンダイ HGUC ギャン できました!初MG化記念ですわいな。じゃ、どぞ!

中世の西洋甲冑がモチーフになっております。他のモビルスーツと間違えちゃうようなことは、まずございません。それはデザインが秀逸な証拠ですな( ^ー゜)b。
DSCF2462k.jpg

背面もいたってシンプル~。一年戦争時代のMSはこれ位で当たり前でした。
DSCF2464k.jpg

ケムール人の如きお顔。子供の頃はらくがきばっかりしてたんですが、すっごい描きやすかったなぁ、ギャン。モノアイ形状を丸⇒台形に改造してみたり。ニタリ( ̄ー ̄)。
DSCF2471k.jpg

斬り合いにすべてを賭ける漢仕様です!
「戦いはこの一戦で終わりではないのだよ。考えても見よ、我々がジオンに送り届けた鉱物資源の量を。ジオンはあと十年は戦える!」
DSCF2466k.jpg

ギャンの特徴のひとつが、この丸いシールド。丸穴はニードルミサイル発射孔ですが、シールドに火器仕込むのってなんか怖いなぁ。ギミックの売りはシールドの可動機構。がっしゃんと90度曲がって腕の前側に展開可。しかし、まぁ本体よりもよっぽど線が多いですね。当時の作画さん、ご苦労さまです!
DSCF2470k.jpg

突き主体のフェンシングスタイルがよく似合うよね。突きこそものの上手なれ?
足首をダブルBJに改造&股間接削り込みで可動範囲UPしてます。
DSCF2474k.jpg

「ウラガン!あの壺をキシリア様に届けてくれよ!あれはいいものだぁ!ゴルァアッ(ノ≧∇≦)ノ = ┸┸ !」量産は見送られたもののギャンってもっと強いはずだっ!お相手は可動戦士ガンダム君。
DSCF2477k.jpg

ツィマッド社の兄弟機であるドムを従えて。モデルはGFF。MGではドムを筋トレさせて脂肪燃焼させた印象の骨太ラインで仕上げてきましたね。
DSCF2479k.jpg


はい、HGUC ギャンでした!ギャンを語る上で欠かせないのがジオン公国キシリア少将配下突撃機動隊マ・クベ大佐の存在!典型的な小悪党のスネオ型軍人でしたが、上司のキシリアに「男のメンツを保つ」ために戦うとか言ったり、選んだMSが接近戦特化型だったりで意外と硬派な一面もありんす。何よりシャア様を一方的にライバル視していたのが実によろしい!そーいえばMAアッザム乗ってたなー。アッザムリーダーで連邦の白い悪魔ビリビリさせてたー!TV版では対ガンダム戦で戦死するも、劇場版ではちゃっかり生き残ってましたね。良いロボには良いキャラが必要でがっちりタッグが組めるとみんなに愛されちゃいますね~。

こいつが完成したのは・・・た~ぶ~ん、2002年頃だったかなぁ?しばらく模型から遠ざかっていて、ガンプラ復帰のためにリハビリ感覚で作っていた気がする。うん、たしかそんな感じだった。リメイクモデルを真正面から取り組むHGUCシリーズでも最初期の頃のため、間接処理や面取りの解釈(特に腕まわり)にまだ迷いといいますか、方向性が煮詰まってない感じがチラチラリ。でも今の眼でみても素直で良いキットですよ~。ドムや旧ザクも発売されてHGUCも一年戦争MSがかなり充実してきました。ファースト世代にはうれしい限りでござい。TVシリーズで残るMSはアッガイ、ゾック、ゲルググ位かなぁ。特にゲルググは、ほんと恵まれてないから、なんとかしてほしい。満足できる至高の1/144シャア専用&量産型ゲルググを首を長~くして待ってます。GFFで発売されるみたいですが、やっぱプラモで欲しいざんす~。

でわ、明日も良いおもちゃ日和でありますように~。



スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。