[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

1/48 VF-1A の巻。

2005/12/18(日) 20:49:19 [超時空要塞マクロス] #

YAMATO製 1/48 バルキリー VF-1A 一条輝機のご紹介~。
あ、それ♪きゅ~ん、きゅ~ん♪きゅ~ん、きゅ~ん♪わた~しのか~れ~は~パイロッ~ト♪
超時空要塞マクロス劇場版「愛おぼえていますか」で活躍した主人公機です。

まずはファイター形態。米の国の戦闘機 F-14トムキャットを基にデザインされたのはあまりにも有名な話。
DSCF1887k.jpg

裏側です。ランディングギアはしっかり可動して収納可能!
DSCF1888k.jpg

横側です。機首の鶴首加減はロシア機スホーイ系の影響大ですね。うっとりするほどキレイなライン。
DSCF1891k.jpg

後ろ側です。スカル小隊の証、どくろマークが尾翼に。実は2次元ノズルなんですね。
DSCF1892k.jpg

キャノピーやコックピット後ろのエアブレーキ開閉可能。A型は頭部の収まり具合が良くて好きッス。
DSCF1894k.jpg

両足を出してガウォークファイター形態。この形態大好物。
DSCF1896k.jpg

膝に横回転軸があるので鳥足ポーズが決まる、決まる。
DSCF1898k.jpg

さらに両腕を出して変形ロボの革命児ガウォーク形態へ。
DSCF1899k.jpg

この手足をプラプラぶらさげてホバリングするわけで。うひゃぁ~かっこいい!
DSCF1900k.jpg

そして、いよいよバトロイド形態。本体がワシャッと割れちゃいます。
DSCF1903k.jpg

頭が出てきました。すばらしいのがコックピットカバーがちゃんと内蔵されていてスライドするんです!
DSCF1905k.jpg

最大の難関であった両足基部の解釈はこういう仕組み。アームでつながってまして・・・
DSCF1901k.jpg

機首部の裏側のフタを開いて合体!全国のマクロスファンは涙、涙の物語~。デ・カルチャ~。
DSCF1907k.jpg

変形完了!バトロイド形態です。
DSCF1911k.jpgDSCF1912k.jpg

両腕の可動範囲は並。腰はわずかに横回転可能。放映当事はA型の無機質な顔に魅力を感じなかったけれど、今はまったく逆。A型カッコイイ。そーいえば頭の機銃がビームサーベルになる裏設定ありませんでした?
DSCF1914k.jpg

ラストは一条君(300円でGET)との2ショット。
DSCF1917k.jpg

はい、YAMATO製 1/48 バルキリー VF-1A 一条輝機でした。
日本のアニメ変形ロボを語る上で欠かせないのが、このバルキリーでしょう。超時空要塞マクロスという作品で御大河森氏がデザインし一時代を築きました。三段変形(四かな?)という発想は今の目で見ても実に新鮮。なによりガウォークの存在がでかい。この胸と背が割れる変形方式は色々なロボがパクリましたね~。ガンダム系はあらゆるロボのおいしいトコを節操なく貪欲に取り込んでいきましたが、VF-1も例外じゃない。今盛り上がってるZガンダムとかモロパックリですし。

このYAMATO製のおもちゃは現時点において、VF-1シリーズの最高峰に位置するのは確実。各形態のまとまり具合が半端じゃない。再現できないのはファイター大気圏突入時のコックピットカバー位かな。1/48スケールって思った以上に大きくてバトロイドの時に大体ガンプラの1/60スケールとほぼ同じ背の高さ。お値段も定価15,540円ですから明らかに大人向け。今回はヤフオクで一部壊れていたジャンク品を購入(それでも6k)。元々リペイント用にするつもりだったのでこのお姿はこれで見納めなり。

今月はアーマードバルキリーパーツが発売ですね。ただ定価12,600円ってどゆこと?しかもパーツのみでしょ?たしかに写真を見た限りかなりのボリュームなのは分かるけれど・・・。ここのメーカーさんは初期ロットに不具合が多いのでちょっと様子見ようかな~。

それじゃ、明日も良いおもちゃ日和でありますように~。




スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。