[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

DMZ-02 1/18 ストライクドッグ(イプシロン&おまけ編)の巻

2008/02/10(日) 20:13:16 [装甲騎兵ボトムズ] #

DMZ-02 1/18 ストライクドッグの玩具レビューの続きなり。イプシロン&おまけ編、早速どぞ!

aDSCF1022.jpg
ターレットレンズを上に向けると中の人発見。パーフェクトソルジャーのイプシロン君のご登場!

aDSCF1024.jpg
胸のコックピットハッチ&腹のメンテナンスハッチが開く!このメタボリックな腹の内側には搭乗者の足首とフットペダルがあったんですねー!装甲の薄いアーマードトルーパーの共通デザインですが、内部構造がそのまま外観にモロに影響を与えていてすごくおもしろい!メタボな腹がかっこ悪いのがかっこいいのです!

aDSCF1025.jpg
もうちょいUPです。塗り分けはけっこー細かくて好印象。

aDSCF1027.jpg
中の人イプシロン君はミクロマンの人でもあるので、もーとにかくよく動くです。このでっかいおもちゃ&ミクロマンの組み合わせがほんと名前通りストライクです。まじでー。

aDSCF1033.jpg
脚部サブスラスター内部が地味に拝めます。二液混合?

aDSCF1073.jpg
お顔こんなん。出来はまずまず。額には宿敵キリコにつけられた傷がありんすね。

aDSCF1035.jpg
サイズが1/18なので、同サイズのおもちゃと絡めるとおもしろいかもしんない。これは1/18ドカティです。イプシロン君にはセレブなマシンが良く似合うわぁ。

aDSCF1075.jpg
同社アクティックギア1/48スナッピングタートルと。

aDSCF1080.jpg
中の人また発見。

aDSCF1046.jpg
同シリーズのキリコ狙い撃ちの図。やっぱりキリコと遊ばせるとイプシロンがイキイキしてきますなぁ。

aDSCF1050.jpg
ストライクドッグといえば火器はソリッドシューターですが、色々持たせてみました。同社ターボカスタムにいっぱい武器がついてたので遊びましょ。まずはヘビーマシンガン。ドッグ系はほんと相性抜群!

aDSCF1052.jpg
サブマガジンは右腰につけてみたよ。凶悪な左腕の三本爪でマガジン交換ってなんか無理っぽくね?交換時は左腕の三本爪でマシンンガンのバレルあたりをがっちりつかんで右腕の五本指でマガジン交換かなぁ?

aDSCF1055.jpg
我が家のストタコど定番がこのハンドロケットランチャー!これってスナッピングタートルでも使ってたのでイプシロンには馴染み深いし、ほんと良く似合う♪スコープドッグにはボリュームがありすぎた感じだったけど、ヘビー級のストタコにはちょうどいいのかもしんない。

aDSCF1057.jpg
右腕にソリッドシューターです。ターボカスタム版は小振りなので副兵装って雰囲気が良くでてるよね。

aDSCF1060.jpg
でもって、こっちは同シリーズのレッドショルダー版ソリッドシューター。こっちは結構なボリュームなので主兵装でも全然おーけーかも。

aDSCF1069.jpg
右肩だけレッドショルダーの肩つけてみた。この肩は一回り小さいので相性はいまひとつ~。

aDSCF1038.jpg
なんとなく馬鹿氏のご登場~。いっやーほんとよく動くわぁ、ミクロマンって♪

aDSCF1041.jpg
「フィフィフィフィーックス!俺的にストライクなドッグにしてやんYO!」

aDSCF1066.jpg
この組み合わせは作品中ないんですが、対スコープドッグターボカスタム戦なり。俺的頂上対決です。

はい、DMZ-02 1/18 ストライクドッグの玩具レビューでした。

とにかくそのお値段からして素人お断りなおもちゃなんですが、ありったけの勇気をふりしぼってGETしてみたら、まー、おもしろい!最近のおもちゃってどんなに出来が良くても実際自分の手を動かして遊ぶ時間ってけっこー短かったりしません?遊びの幅が限定されてるってゆーか想像力を刺激されないのかな。買った時点でかなり満足しちゃって遊ばないことも多々ありますが、このストライクドッグはほんとよく遊んだ。遊ぶ⇒分解⇒遊ぶ⇒改造⇒遊ぶ⇒武器交換⇒遊ぶみたいなルーチンを飽きもせず延々と繰り返してたりします。ネタがボトムズの中でも大好きなストライクドッグでもあったし、何よりミクロマンなイプシロンとの組み合わせがすっげー楽しくて色々シーンを自分なりに再現していく過程が脳を刺激しまくりでなんか充実感がガンダムを代表とする他のロボットとは別次元だったなぁ。大満足♪

難点はまず、下半身の可動ですね。何より両膝を曲げたローラーダッシュのポーズがどれだけ格好良く決まるかがボトムズ系おもちゃを評価する大事なポイントですが、このDMZシリーズは超苦手なんですよ。特に膝が最悪。グッと膝を曲げた中腰姿勢がとれなくて膝を曲げて腿を地面と水平まで曲げてみても、実際あんまり曲げてるように見えないんだよね。素立ちのときの腿~足首までの長さは問題ないので、やはり間接の位置だけがまず~いね。股関節~膝間接の距離が短いのが大問題。とにかく膝を曲げ始めた途端にかっこ悪くなるんだな。下半身の可動に関しては同社1/48アクティックギアではかなり研究されていたし結果も残していたのでこのDMZに反映されていないのはほんと残念だなぁ。単純に設計者の腕の差なのかもしれないね。
あとは各パーツの分割ラインですけど、なんか旧タカラのプラモをそのまま大きくしただけのようなのがかなり萎えたかな。各部の中心線にどーんと分割ラインがきてるんですが、このサイズだったらもっと色々出来たんじゃないの?値段の問題もあると思うけどバンダイのボトムズプラモみたいな「今の時代だからこそ盛り込んでみた縮尺模型への情熱」がなんか足りない。立体物としてせっかく大きなサイズなんだからもっとビス止めのやり方も考えられたんじゃないかなぁ。

たしかに色々難点もあるんですが、それを補って余りあるポテンシャルも持ってるので、ご縁のある方はぜひ手にとってくださいませませ。でぇわ、これにて幕!であります!

スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。