[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

やまと製ブリアレオスの巻

2007/07/01(日) 22:37:48 [アップルシード] #

やまと製劇場版アップルシード ブリアレオスの玩具レビューでぃ。塗装済完成品ですぞ。早速どーぞー。

アップルシードの主役のひとり。まずは正面から。フィギュアの身長は約19cm。ブリたんの筋肉質なプロポーションが良く再現されとりますわ。ちなみに彼はロボットじゃーなくサイボーグです。脳とか内臓とかは人間のままだそーな。
DSCF6072.jpg

胸板厚い厚い♪
DSCF6074.jpg

背中広い広い♪
DSCF6077.jpg

ライフルでかいでかい♪足の長さは丁度いいと思うんですが膝~足首が妙に短く感じます。ただ原作でもこういうバランスで描かれている絵も確かにあるのでありっちゃーありかなー。
DSCF6108.jpg

バストアップー。成形精度は良かーないですが、目付きの悪いブリたんの顔の造形はバツグン。ちなみに顔中央の丸くて赤い目に見えるのは原作では実は鼻です。その横の四つある小さいレンズが実は目になります。あと耳の後ろと頭頂部のウサギ耳の先にそれぞれ目をもってたりー。無表情なブリたんにとってこのウサギ耳の動きは表情をつける上で欠かせない要素なんですが残念ながら無可動・・・orz。あと口も開いてほしかったねー、残念。
DSCF6070.jpg

ギミックといえばマガジン着脱くらいですが、左手がただの平手なので乗せてるだけー。
DSCF6111.jpg

横顔も実にブリたんです。顔のみガンダムマーカーでスミイレてみたー。あ、そーいえばライフルのスコープのフタがパカパカ開きますね。
DSCF6113.jpg

うーむ、ブリたんの背中は実にかっこいーなー。やっぱ漢は背中で語るのよさ。
DSCF6119.jpg

各可動範囲ですが、はっきり言って前時代的なとりあえず動きます程度の物です。肘が二重間接ですが手首や肩がもー全然動かねーのよ。せっかくの大物ライフルもほとんど構えられましぇん!原型が泣いてますよ、ほんと。
DSCF6117.jpg

無理矢理膝立ち。最悪なのが股間接でなんと前後方向のみの1軸可動。しかもリボルテックのような角度をつけたものでもないので、もー動かねー動かねーありえねーありえねー。この仕様はちょっと・・・ねぇ。
DSCF6116.jpg


気を取り直して、おーまーけーコーナー。同シリーズのデュナン・ナッツと。むむむー、この二人を並べるととたんに格好良くなっちゃうなー。なんか悔しい。
DSCF6123.jpg

身長差はこれ位です。この二人お値段が一緒なのも納得いかんぞな。
DSCF6126.jpg

最後は同社怒れる士郎正宗と。原作者様でございます。なんかこの二人の出来栄えに怒ってらっしゃいます。
DSCF6133.jpg


はい、やまと製劇場版アップルシード ブリアレオスでやんしたー。

うーむ、一言でいえば・・・もったないな、と。時代のニーズとマッチして映像化&商品化に恵まれた攻殻機動隊とは対照的にアップルシードってほんと遊べる商品に恵まれてないのよ。その魅力的な装備や時代設定とは裏腹に。劇場公開(フルCG)が決まったときは小躍りして見に行ったもんですがその後のおもちゃ展開がもー、ほんと雀の涙でねー、クスンクスン。で、タチコマがあっちこっちからドカドカ商品化されるのを喜びながらも「ブリたんは?デュナンは?ギュゲスは?多脚砲台はーっ??」てな有り様にもなりますわいな。とーこーろーがー、待てども待てどもどこもかしこも新商品のアナウンスがなーいー。あぁもぅ空気読めよなー、とかブツイラしながらオク巡回してたら同社デュナンとセットで0.5Kじゃん。おもいっきり投売りじゃん。よっしゃ保護保護!といきおいで落札。しかも競合者ゼロ。で、大手メーカーの投売り品は運が良ければ”いい物”に出会えることが多いんですが、中堅メーカーの物は・・・、うーん、分かっていたけど、なんだろーこの敗北感は・・・orz。作品やキャラクターへの思い入れが強いから無駄にダメージがでかいんだよなー。ま、いっか安かったし。

でわ、明日も良いおもちゃ日和でありますよーに星に願いを。

 

スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。