[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

やまと1/60YF-19(バトロイド編)の巻

2007/06/24(日) 22:13:03 [超時空要塞マクロスプラス] #

やまと製1/60YF-19の玩具レビュー!!ファイター編⇒ガウォーク編ときてトリを飾るはバトロイド編でい。早速どんぞー。

まずはガウォークから。手、足はほとんどこのままなので・・・
DSCF5878.jpg

最大の見所である機首~胴体部の変形いくですよ。コックピット後ろのカナード翼をくるりとたたんで、コックピット下部のカバーをパカッと開きましょ。なんかシャーク系の面構えだねぇ。
\"DSCF5883.jpg\"

で、こっからがガクブルものの難関です。難関①カナード翼後ろのロックをパキッと外します。けっこー固くて最初苦労しましたー。ロック部をほんの少し削るといい塩梅になります。この辺の改造はもちろん自己責任でよろしくな。
\"DSCF5882.jpg\"

超難関②カナード翼に隠れた所にロックがもうひとつあるんですが、ここの固さが尋常じゃないです!写真で並べると「あ?ちょっとズレタだけじゃん?」とか思っちゃいますけど。こんな高額なおもちゃを壊す覚悟でよいしょーっと力込めて変形させるわけにもいかず、公式HPの変形指南見ながらなんとかクリアー!最初変形させた時はバキッて音がして「壊れた!?これは壊れたっ!?」とか本気でガクブルしてて俺様withパニックハートな気分でしたよ。変形の度にこんな思いは二度とゴメンなので、またちょいちょいロック部をほんの少し削ると若干スムーズに変形できて心の平穏が保てます。でも材料強度にかなり依存しているので耐久性に難ありかもなー。ちなみに取り扱い説明書と公式HP変形指南では変形順序が異なります・・・orz。ここは公式HPのほうをオススメします。
\"DSCF5888.jpg"

で、無事ロックが外れるとプランプランの状態なので・・・
\"DSCF5890.jpg\"

さらに機首を分割しつつ機首は下へ・・
\"DSCF5891.jpg\"

コックピットは後ろへそれぞれ移動です。機首はカバー裏のダボで固定ですが長さが足りない&太さが合ってない!・・・のでダボをプラ板で延長してます。すこしは保持力マシになりましたが、どーもこのおもちゃは各部のロック機構が問題ありだなー。各部品の重さとかあんまり考慮されてないのよ。高額なのにー!
\"DSCF5894.jpg\"

取り扱い説明書ではここで頭をスライドして持ち上げつつ回転させてます・・が・・やっぱ変形ロボの頭は最後に出てくるのがベストですよねー。ここは後述の胸の変形と同時進行が燃えますな!
\\\"DSCF5895.jpg\"

胸をパッカーンと持ち上げて・・・
\"DSCF5899.jpg\"

さらに後方にスライドさせます!この胸部のスライドは同社1/72ではなかった機構なんですねー。
\"DSCF5902.jpg\"

胸部が後ろへ伸びきった状態から・・・
\"DSCF5905.jpg\"

ぐい~んと前へ・・・
\"DSCF5906.jpg\"

さらにまーえーへー・・・
\"DSCF5909.jpg\"

体を起こして・・・
\"DSCF5912.jpg\"

はい、胸部を機首に被せてティン○アーマーを持ち上げて変形完了!ここでも問題点が・・・。この胸部はただ被せてあるだけなのでパカパカしやすいのよねー。
\"DSCF5919.jpg\"

でも、か・・・かっけぇえぇぇっ!!バトロイドかっけぇええぇぇぇぇぇっ!!
\"DSCF5922.jpg\"

ホント最初に立たせた時は息を飲みましたよ、あたしゃー。
\"DSCF5933.jpg\"

あの美しいファイター形態からこんなに凛々しいバトロイドに変形できるおもちゃに出会えるとは・・・!
\"DSCF5935.jpg\"

ただちょいと気になるのはこの足の間のすき間かなー。股間接は可動範囲を確保するために横方向へ引き出し式なんですが、この両足の間隔が広いかなー。腿後ろ側が変形上えぐれた造形なので余計にねー。
\"DSCF5946.jpg\"

我が家でバトロイドで飾る時はこうやって腿にある主翼を上に跳ね上げてます。なんとなくかっこいーので♪
\"DSCF5944.jpg\"

左肩と右足には付属のFF-2200のシールを貼ってみました。これはどこぞの超有名RPG2200作目記念!とかじゃーなくてエンジンナンバーなんだってさ。意味とか考えながらちまちまシール貼るのって楽しいなー。
\"DSCF5957.jpg\"

YF-19の魅力はこの複雑な胴体部だねー。この前後幅がたまりましぇん!ぶっちゃけ手足の変形ギミックはVF-1シリーズと大して変わんないしねー。
\"DSCF5924.jpg\"

各部のディテールもけっこう省略されずに再現されてて好印象!ただ肩後ろのビス穴とかどーんと開いててちょい・・ってゆーかかなり萎える・・・orz。1/48だろーが1/60だろーがこーゆー造形なんとかなりませんか?高額なのにー!(←何度でもゆー)
\"DSCF5939.jpg\"

ガンポッド構え!ただ・・・またまた保持に問題があってダボが手の平にあるんですが寸法合ってない・・・orz。そーしーてー1/48VF-1シリーズの頃から同じ問題をずーっと引き継いでいて手首がプランプランしちゃうんですよね。とくにガンポッド持たせる右手がひどい。ここは成形精度とゆーよりは設計思想の問題だっ!高額なのにー!(←何度でもゆー)
\"DSCF5941.jpg\"

頭のレーザーはこれ位は前へもってこれますね。
\"DSCF5959.jpg"

首根元に回転軸があるので上も向けます。ここは優秀ですねー。
\"DSCF5961.jpg\"

横から見ると・・・。
\"DSCF5963.jpg\"

これ位上を向けるのです。ちなみにヘルメットのおでこ部分と緑色のバイザーを外してツインアイの中の人が拝めます・・・けどかなりしょんぼりんな造形なので割愛です。
\"DSCF5966.jpg\"

膝立ちもできます。前後方向はよく動くなー。足をハの字に開く左右開きはおまけ程度だねー。あとガンポッドのマガジンが外れる。地味にうれしーが、左手は持つのを前提に造形されておりません。無理矢理持たせてみましたが・・・なんか腹立つ!高額なのにー!(←まだゆー)
\\\"DSCF5953.jpg\"

付属アタッチメントを使えば同社ディスプレイベースに固定できます!こーれーはーうれしー!1/48VF-1シリーズはこれが出来ない(そしてガンポッドもつけられない!)とゆー謎仕様だったので改善されててよっしゃよっしゃです。
\"DSCF5967.jpg\"

ガガガガッガガガガガガッガガッ!
\"DSCF5969.jpg\"

やっぱマクロスは空中戦に華があるなりよ。
\"DSCF5974.jpg\"

足裏に実がつまってるのもYF-19の特徴。単位面積あたりの接地圧を考えるとこの方が説得力があるんですが、もともと異星人のオーバーテクノロジーとゆー素敵設定を堂々と扱えるマクロス世界であったりするので、この足裏は好き嫌いが別れるかな?VF-1のように足裏スカスカのほうが軽快感はあるんだよねー。
\"DSCF5977.jpg\"

\"DSCF5981.jpg\"

\"DSCF5984.jpg\"

\"DSCF5985.jpg\"

\"DSCF5988.jpg\"

基本アタッチメントの上に乗っけてるだけなのでこーゆーアクロバティックな姿勢は長くもちましぇん。あと足の自重に股関節がもちましぇんなー。負け気味。高額なのにー!(←まだまだゆー)
\"DSCF5994.jpg\"

こっから同社記念撮影コーナーです。まずは1/72YF-19!ガンポッドの大きさほとんど同じなのね。
\"DSCF6014.jpg\"

1/60VF-1J(ヒカル機)と。これ同スケールなんですが、YF-19がでかいのかVF-1Jが小さいのか・・・設定でもYF-19の方が大きいようですがはて?
\"DSCF6039.jpg\"

1/48VF-1S(ヒカル機)と。この大きさだとなんとなくしっくりくるね。この2機は赤&黒のストライプがトレードマークなので並ぶと絵になるねー。ところで主役機がそろうと思わずやりたくなるのが・・・
\"DSCF6022.jpg\"

固い握手シーンですね!
VF-1S「地球の未来は頼んだぞ!ピンボケだけどな!」
YF-19「まかせてください先輩!ピンボケですけどね!」
\"DSCF6034.jpg\"

大きさこれ位で伝わります?あ、携帯そろそろ変えよっかなー。
\"DSCF6044.jpg\"

最後はやはりライバルのYF-21(ファストパック装備)とぉ!1/72なのでお手軽に遠近法になるのよね。はーやーくー1/60出しませんかねー!!
\"DSCF6047.jpg\"


はい、やまと製1/60YF-19バトロイド編でした!

やーほんと写真楽しかったー♪フォールドブースター&ファストパック版も発売されるのですが色々抱えた問題点(特に各部のロック機構)が解消されるのかすごい心配。今のところノーマル版で満足してるのですがね。あとはカラーバリエーションの青いVF-19あたりの展開を超熱望です。ファイヤーバルキリー系は版権がらみで難しーらしーんですが、なんとかしてもらいたいですねー。YF-19がらみの変形おもちゃだと組み立て難度の高いスタジオハーフアイから発売されたガレージキットと今回のやまと1/60完成品が二強かな。もちろんハセガワのファイターも神プラモですが、やはり変形を楽しみたいですよねー。昔々ホビージャパン2002年7月号にこのハセガワ製YF-19を完全変形させるとゆー漢作例がのってますので興味のある方は探してみましょ。上半身や足周りの変形がまたちがっていてかなーり見所ありますぜー。

でわ、明日も良いおもちゃ日和でありますよーに~♪

 
スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。