[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

星の王子さまに会うの巻

2007/05/13(日) 14:04:19 [星の王子さま] #

連休後半の5/4~5は箱根へ行ってまいりましーた。王子様に会うために朝4時起きで”星の王子様ミュージアム”へ出発でい♪今回ネタバレありですので原作未読の方はご注意を。じゃ、早速!

富~士~は~に~っぽーん・いーちーのーや・まー♪ちょいと雲がかかっておりましたが、やっぱり富士山は美しい山だねぇ。
DSCF5246.jpg

正面こんな感じ。入り口でシャボン玉がわっさ~とお出迎え 
DSCF5276.jpg

チケット売り場にいきなり王子様がっ!ん~・・なんかゆるい、なんかゆるいぞ王子様!
DSCF5249.jpg

フランスの路地っぽい道をスイスイ進むと・・・
DSCF5251.jpg

ちょい小さめのお店とか・・・
DSCF5252.jpg

大きめの建物とか・・・
DSCF5257.jpg

1930年代のパリ飛行士通りが再現されてます。もーぜんぶかわいいです。
DSCF5266.jpg

あと町のそこかしこに量産型王子様がいらっしゃいます。スタンプ押せるよ。
DSCF5250.jpg

園内の公園で勝負服で正装した王子様とご対面♪こちらは立体フィギュアですがスケールは1/1っぽい。
DSCF5261.jpg

王様いた。原作では力を持たない支配の象徴ですね。
DSCF5267.jpg

そして実業家。とにかくひたすら損得勘定を繰り返すお金命の人。管理マニアな人。
DSCF5263.jpg

こいつは点灯夫。彼はある規則に縛られすぎて寝ることすらできずに働き続けるとゆーきっつい人生を送る人物。ただ王子様には一目置かれてますね。王子曰く「街灯に火をつけるのは、星を一つ、よけいにキラキラさせるようなものだ。きれいだから本当に役に立つ仕事だ。」このエピソードがEー。超Eー。
DSCF5264.jpg

こちらは地理学者。興味の対象が地理、しかも山のみにしか興味を示さないめんどくさがりの引きこもりとゆー変なじーさん。
DSCF5265.jpg

このへんてこなやつは物語の最初に語られるうわばみ(蛇)。正確には象を飲み込んだうわばみ。作者が幼少期に書いた絵だそーな。このうわばみは僕の一番のお気に入りです このほかに別の毒蛇が後半に出てきます。大変に重要な役割をもって。
DSCF5268.jpg

協会とかもあってそこのステンドグラスはキツネがモチーフに。きれいきれい。
DSCF5262.jpg

はい、”星の王子様ミュージアム”でした。園内は原作と原作者サン=テグジュペリの人生を振り返るよーな内容です。このおっさん飛行機乗りなんですが、かなりハードな生き様でした。フェイスはゴーンさんにそっくりだったなぁ。園内に入るとクロスワードパズルがあるので、それを攻略しながら進むとけっこう燃えるかな。

こっからは箱根散策ネタで~。

こちら強羅公園。屋外のツツジ&バラを目当てに行ったんですが、まだあんまり咲いてなかったのが残念無念~。これは温室の花なりよ。
DSCF5280.jpg

ここは大涌谷。昔は地獄谷とか呼ばれてたそーな。そこら辺からお湯がボッコボッコ湧き出してて特撮好きにはたまんないシチュエーションだな。
DSCF5283.jpg

地獄大使っぽいご当地ヒーローグッズ期待してたんだけど、いねーのなー、ちぇー。でも覇牢鬼茶はいたな。どこにでもいるな。商魂たくましき猫だな、ほんと。
DSCF5284.jpg

これ地獄谷名物黒卵。一個食べるとなんと七年寿命が延びるとゆーミラクルアイテムだそーな。ふたつ食べたので十四年寿命増えたことにしといてやるぞ、ふふふふふ。
DSCF5286.jpg

地獄谷脅威のメカニズム、黒卵製造工場~。・・ってゆーかお湯にぶちこむだけっぽい?
DSCF5288.jpg

宿の晩飯こんなです。バイキングだったのでこのあと第二ラウンドです。
DSCF5293.jpg

あとこの辺りは金太郎さんの出身地。俺、クライマックスだぜっ!!
DSCF5295.jpg


 



スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。