[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

HG ロボコンの巻

2006/11/12(日) 20:22:57 [がんばれロボコン] #

バンダイ製HGシリーズがんばれロボコンのご紹介!一体はちじゅーえんで投売りされておりましたので保護した次第でございます。じゃ、早速ど~ぞ~♪

おもちゃとしてはロボコン1~5?までシリーズを重ねている模様。
DSCF3598k.jpg

まずは1よりノーマル仕様のロボコンです。おへそのハートマークがこいつだけ白ですね。
DSCF3612k.jpg

サイド&リヤより。なんか太った消火器のようなデザインだね。
DSCF3616k.jpg DSCF3613k.jpg

続いて3より空戦仕様?のロボコンです。なんか煙はいてよく落ちてたような思い出が・・・orz。
DSCF3603k.jpg

背中からプロペラを出してお空を飛んじゃいます。タケコプター同様この構造じゃ飛べないじゃん!とか野暮な突っ込みは言いっこなしですよー。放映当時はもっとおおらかでファジーな時代だったのですから。
DSCF3606k.jpg

最後は4より四輪車仕様のロボコン!この他に2で三輪車仕様も立体化されておりますです、はい。
DSCF3608k.jpg

このロボコンカーに乗るのが子供の頃の夢でした♪
DSCF3609k.jpg

S.I.Cと比較その壱ぃ。ロボコンが量産のあかつきには連邦なぞ・・・(^_^メ)。
DSCF3632k.jpg

S.I.Cと比較その弐ぃ。(っと言ってもほとんど壱と同じですがね。)この飛行形態はS.I.Cで立体化されていませんが、二重反転ローター装備のごっつい奴を期待したい今日この頃ですねー。
DSCF3629k.jpg

S.I.Cと比較その参。もうS.I.Cのいい意味での暴走ぶりがはっきり分かる比較でがんす。
DSCF3621k.jpg

ロボコン本体の手足を前に出した姿勢とか、ハンドル、クラクション等の記号はおさえてあるものの・・・うん、別物です。
DSCF3626k.jpg

どちらも甲乙つけがたい味がございます。
DSCF3628k.jpg

はい、HGロボコンでしたっ!!
DSCF3617k.jpg

可動箇所は一切ないので、ほんと完全なディスプレイモデルですね。下手なアレンジはせずに実際の着ぐるみ寸法をそのまま縮尺した立体の方向性は大正解だと思います。ロボコンのもこもこした可愛らしさがうまく再現されていますし。あとはシリーズ毎にほとんどのロボが立体化されているのもうれしいところ。ん~、ガンツ先生あたりはやっぱおさえたいところかなー。

このどこから見ても子供の味方(そしてお友達)なんだと主張しまくるデザインが実に秀逸。曲面を主体とした造形って当時作るの大変だったんじゃないでしょうか?昔の特撮の着ぐるみってほんと一品一品手作業で職人さんが作られていたそうなので製作現場の情景を想像するとワクワクしてきますねー。材料とか塗料とかは現在よりずっと入手しづらかったと思うしどーしてたんでしょうか?製作途中のロボコンとかガンツ先生がズラズラズラーっとならんで塗装を待ってる光景とか、ほんとちょっと涙出てきちゃいますねー。無口で頑固な伝説の着ぐるみ職人源さん(仮名)が子供たちのために徹夜とかしちゃってさー、コスト度外視で作りこんじゃったりしてさー、持病のリウマチも我慢して「止めるなぁぁヤスゥゥ(仮名)全国の子供達がぁぁ、待っているんじゃぁ!べらんめぇぇぇ!」とか言いながらさー、グッスン(T△T)。すいません最近涙もろくって。あと妄想癖なんとかしときます。でわー。

 
スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

| HOME | Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。