[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

L.O.B ダンバインの巻

2006/03/25(土) 04:01:31 [聖戦士ダンバイン] #

L.O.B ダンバインのご紹介!
さん、はいっ♪オォラロォードがぁ~ひらかぁ~れたぁ~♪ときたもんだ~!
バンダイ製の塗装済完成品です。じゃ、早速どぞ!
DSCF1805k.jpg

お顔その壱。鳥類の頭蓋骨を連想させる恐い顔。
DSCF1814k.jpg

お顔その弐。壱の顔面にマスクを被せるとアニメ調のデザインが再現できますな。
DSCF1816k.jpg

お腹はパックリ開きます。ちゃんと操縦者のショウ・ザマ君が乗ってます。塗装も細かく好印象。
DSCF1825k.jpg

特徴である昆虫のような羽は4枚すべてマルチ可動。葉脈の再現がすばらしい。いいお仕事ここに発見。
DSCF1826k.jpg

オーラショット付いてます。主役機の火器が4連装なのはめずらしいかも。
DSCF1828k.jpg

直剣の他にうねうねした実剣も。金属製で質感、造形共にお気に入り。指がコワイのはどうも苦手だなぁ。
DSCF1840k.jpg

なんか長~いオーラショットも付いてます。このオーラコンバーターが重すぎて自立はほぼ無理。
DSCF1841k.jpg

オプションの盾がすこぶるかっこいい!両腕につけると一気に重装甲のシルエットになっちゃいます。
DSCF1845k.jpg

ど~んと仁王立ち。盾先端の刃は伸縮可能です。
DSCF1849k.jpg

さ、こっからアイテム遊び!
アニメ前半バイストンウェル編はファンタジー色が強かったのでスポーンのドラゴンとバトルさせてみました。昔々の月刊ニュータイプで対ドラゴンのポスターありましたねぇ。やぁ~、燃えるなぁ。
DSCF1854k.jpg

現代の戦闘機とランデブーさせるとアニメ後半地上編の雰囲気が!なんとなくステルス戦闘機をチョイス。こういう相反するデザインの組み合わせもできるのがダンバインという作品の懐の広さ。
DSCF1861k.jpg

ショウ・ザマ君のフィギュア(300円でGet)と、はいポーズ。主人公と主役機がそろうと絵になるなり~。
DSCF1868k.jpg

はい、L.O.B ダンバインでした。ロードオブバイストンウェル(L.O.B)という新シリーズの第一弾。
難点としては付属スタンドがないと自立できない、頭が外れやすい、膝関節がゆるい、塗装のばらつきがけっこうある、原型師が趣味に走りすぎ、セガの生み出した昆虫ブームに乗っかろうとする魂胆がみえみえ・・・位でしょうか?まぁ自立できないっていうのはかなり痛いです。一枚目の写真は根性で立たせましたが。可動範囲も十分広いしオプションも豊富。好き嫌いはありますがなかなか攻めた造形でして、これは良いおもちゃですよ。盆栽と一緒に玄関にかざっても意外と絵になるんじゃない?

僕がロボットアニメベスト5をあげるとすると機動戦士ガンダム、機動戦士Zガンダム、超時空要塞マクロス、重戦機エルガイムそして、この聖戦士ダンバインにまちがいないッス。小学生のアニメ放映当時、昆虫博士と自称していた僕としては、甲冑と昆虫や甲殻類をモチーフとしたオーラバトラーのデザインはもうストライクど真ん中でして、この作品は大好きでした。設定では生き物の外骨格や筋肉を使って作られているのでロボットというより生体兵器なんですが、何よりも他の作品との世界観やデザイン面での差別化がはっきりと丁寧に作られていたのがポイント高し!生物の殻を使った装甲、マントを模したオーラコンバータ、昆虫の様な4枚の羽、主武装が実剣、コックピットのキャノピーがマジックミラー、爪のついた鳥のような足首等など子供心にワクワクしたものです。ちなみにお気に入りはビアレスとバストールです。

でわ、明日も良いおもちゃ日和でありますように。







スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。